このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルのお客様へ

2020年東京オリンピックに向けた インバウンド集客のカギ ホテルへのスモールフィットネスジム導入 海外からのビジネス・旅行客の、ホテル予約時の大きな検討ファクターである、ホテル内フィットネススペース。実は、客室や会議室などの遊休スペースの転換で、簡単につくれることをご存知でしたか?テクノジムなら手軽に、機能性高くスタイリッシュなスモールジムの構築が可能です。

  • 期間限定でお得なホームジムパッケージ 詳細を見る
  • マシン体験のご予約/カタログのご請求 もれなくトレーニングDVDプレゼント

CHECK インバウンド集客のカギ・ホテル内フィットネスルーム

外国人旅行者の集客には、ジムスペースの有無が大きく影響!?

2020年東京オリンピックを前に、増加が見込まれるインバウンド集客。その獲得とのカギとして注目を集めているのが、ホテル内フィットネスジム。

海外の調査によると、
アメリカ人旅行者の53%が「旅行中にエクササイズを行う」と回答*1海外ビジネス客の62%が「予約時にホテルにジムがあるかチェックする」と回答*2しており、外国人客にとって、フィットネスジムがホテル予約の重要なファクターになっていることがわかります。

*1 Tripadvisor *2 Lieberman Research Worldwide for Westin Hotels&Resorts, survey of 300 business travellers

ページトップへ

事例1 アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ

ホテルのコンセプトを体現する、開放感あるフィットネスルーム&スパ。小さくても本格的なフィットネスルームが、外国人ゲストに好評

客室を改築してつくられた宿泊者専用のフィットネスルーム(26㎡)。ホテルを象徴するスパに併設し、窓から福岡市内を一望できる

「動」と「静」というホテルコンセプト実現に必要だったフィットネスルーム

近年、ビジネスや観光でのインバウンド集客が増え、活気ある博多の町の近くにありながら、閑静で小高い丘に位置するのが、アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ(以下、アゴーラ福岡)。2013年9月のリニューアルオープンに際しては、そのロケーションを活かし、「静」と「動」の魅力を併せ持つホテルライフをベースにしたコンセプトづくりを進めてこられました。

ホテルを象徴するスパフロアには、新設された客室「ヒルトップ・スイート」の他、スパ施設や天然温水の大浴場を設置。ここに、限られた空間であっても、ゲストが満足できるフィットネスルームを作ることは、ホテルの課題のひとつでした。そこでアゴーラ福岡は、同フロアにあった客室のひとつをフィットネスルームに改装。福岡を一望できる絶好のロケーションの中でエクササイズが楽しめるようにしました。?

ランニングマシン、多機能ストレングスマシン、バランスボール・ヨガマットを取り揃える

多機能でスタイリッシュなマルチファンクションマシンが、省スペースでのフィットネスルーム新設を可能に

フィットネスルーム導入にあたり、アゴーラ福岡では、小規模でも幅広い顧客ニーズに対応できるジムファシリティにこだわっていました。そうした課題を解決したのが、一台で25通りものエクササイズを可能にする多機能ストレングスマシン「ユニカ」。上半身から下腿部まで、全身くまなく鍛えられる「ユニカ」は、普段スポーツクラブで筋トレを日課としている宿泊者のニーズにも十分応える事が出来たのです。

さらに、(株)アゴーラ・ホスピタリティーズ代表取締役社長、浅生亜也氏は、テクノジム製品のデザイン性の高さも決め手になったと語ります。「私たちはホテルのリノベーションにおいて、“デザインサビー”であることにこだわっています。テクノジムのマシンは、お客様にご満足頂ける環境の提供を可能にするだけでなく、このホテルの象徴となるスパフロアを演出するのにふさわしいアイテムと感じました」とふりかえります。

大きな鏡は、窓を背にしても眺望が楽しめるように、との心遣いでもある

小さくても本格的なジムは、外国人ゲストに好評

「チェックインの際にフィットネスルームがあることをご案内すると、大変喜ばれます」、とはスタッフの談。宿泊者限定のフィットネスルームの存在は、海外からの旅行客に特に喜ばれ、リピーターも増え始めているそう。また、チェックアウトが13時のため、出発までのホテルステイアイテムとしても役立っているといいます。さらに、「フィットネスルームをホテルステイのアイテムとして、自信を持ってご案内できることが大変嬉しいです」というスタッフのコメントに、ジムの存在が、接客モチベーションアップにもつながっていることも伺えます。

アゴーラ福岡では今後、大浴場やスパ施設のトリートメントと、フィットネスルームを連携し、身体と心のリチャージを目的とするプラン等を検討していくそう。その中で、フィットネスルームも、「動」と「静」という山の上ホテルのブランドを体現する要素の一つとして、今後もゲストに価値を提供し続けることが期待されています。

フィットネススペースに隣接し、窓からの緑も楽しめるトリートメントスパ。

ページトップへ

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ http://agorafukuoka-hilltop.com/
〒810-0032 福岡県福岡市中央区輝国1-1-33
TEL : 092-771-2131

週刊ホテルレストラン 別冊
「必ず成功するホテルリノベーション Part7」(2014年9月26日発行) 掲載記事を元に加筆修正して掲載

事事例2  ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留

ホ「スモールフィットネスジム」の導入は、インバウンド獲得の大きなアドバンテージ

元々ビジネスセンターだったスペースに、ランニングマシン2台、クロストレーナー1台、バイク1台の計4台を設置。加えてストレッチスペースを確保した

インバウンドの高いニーズに訴求できる新しい施設で付加価値を向上させる

東京・港区の宿泊主体型ハイグレード・ビジネスホテル、ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留では以前から高かったインバウンド比率が円安などの影響もあり、2014年にかけてさらに増加。2014年10月には約50%を占めるまでになっていました。そのため、外国人のお客さまからのニーズが高いコンテンツの拡充を図ることを検討。2014年12月にフィットネスルームを導入されました。「フロントに寄せられる声やお客さまアンケートを通じたリクエスト、エリアの周辺環境など総合的に分析したところ、インバウンドのお客さまからのフィットネスルームのニーズは非常に高いことが分かりました」と、ホテル側のご担当者は語ります。また六本木にある、グループ会社運営のフィットネスクラブでは、併設するホテルに滞在する外国人のお客さまの利用率も高く、その実績も東京汐留におけるフィットネスルーム導入を後押ししました。

約25㎡とコンパクトなスペースながら、壁に設置された大きな鏡と窓が広さを演出

上質な素材とデザインを持つマシンが空間をスタイリッシュに演出する

導入決定後にまず課題となったのは設置場所。ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留にとっては、年間平均90%の高稼働率で推移する客室を一つ失うという選択肢は、ビジネス上現実的ではありませんでした。検討の結果選ばれたのは、もともとビジネスセンターとして使われていたフロント階にある一室。1年ほど前にWi-Fiを全室完備したことで利用率が低下していたため、スペースの有効利用という面でも最適だったといいます。また、約25㎡というコンパクトなサイズ感も、はじめてのチャレンジをするにはほどよかったそう。またフロントの目の前という場所も、お客様の問合せにすぐ対応できる点でメリットになりました。一方、設置マシンとしてヴィランフォンテーヌ汐留が選んだのは、テクノジムの製品の中でもデザイン、機能ともに高級カテゴリーに位置づけられる「PERSONALシリーズ」。もともとホームユースや、スパなどインテリアデザインにこだわるスペースに向けて開発したマシンなため、ホテルの限られたスペースも、コンパクトかつスタイリッシュに演出することができました。

ゲストがアクセスしやすいエントランス横、フロントの目の前に設置されたフィットネスルーム

フィットネスルームを持つことはホテルが選ばれるための重要な条件

ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留では、ホテル周辺にランニングコースとして使えるエリアも多く、今後、スポーツウェア、シューズの貸し出し等、屋内のフィットネスルームと屋外のランニングコースを組み合わせた訴求をすることで、フィットネスホテルとしての側面も打ち出せるかもしれません。「より多くのインバウンドのお客さまにご利用いただくためにも、フィットネスルームはホテルの重要な選定条件の一つだと考えています。将来的にはヴィラフォンテーヌブランドのホテル全体で、フィットネスルームの設置を検討していく必要性があるかもしれません」とは、ホテル側の談。 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にインバウンド2000万人突破を目指して日本が動き出しているこのタイミングでフィットネスルームを導入したホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留。デザイン性、機能性ともにハイグレードなマシンを設置した新しい空間によって、インバウンドに選ばれるホテルとして大きなアドバンテージを得たといえるかもしれません。

ランニングやエクササイズを習慣にする外国人客にも最適なプログラムを提供

ページトップへ

ホテルヴィラフォンテーヌ東京汐留 http://www.hvf.jp/shiodome/
〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 (汐留住友ビル内)
TEL:03-3569-2220

お話を伺った方:
住友不動産ヴィラフォンテーヌ株式会社 企画開発室室長 長江雄平氏 HOTERES(週刊ホテルレストラン) 2015年1月9・16日合併号 掲載記事を元に加筆修正

テクノジムのホテル様向け『スモールジムパッケージプラン』 お問合せ・お見積りはこちら>>

多機能マシン「プルリマ」が、省スペースでスタイリッシュなフィットネスジムの新設を可能に

高いデザイン性と、オリンピック公式トレーニングマシンにも選ばれる優れた機能性で、世界中のトップアスリートやセレブリティからも高い支持を得る、テクノジムのトレーニングマシン。ヨーロッパ、アジアでシェアNo.1を誇り、日本でも、今年オープンしたリッツ・カールトン京都やアンダーズ東京など世界屈指のトップホテルにも導入されています。

中でも、ホテルやマンションのフィットネスエリアにおすすめしたいのが、多機能複合型ストレングスマシン「プルリマ」。様々な施設のニーズ調査・分析を経て開発されたマシンで、10㎡からのコンパクトなスペースで、本格的なジム導入を可能にしています。

またテクノジムでは、マシンの選定からオペレーションのサポートまで、ジム導入に関するコンサルテーションにも応じています。ビジネスホテルや旅館など、フィットネスジム導入が難しいと感じている宿泊施設にも、細かいニーズや課題に合わせた提案を行い、スムーズなジムファシリティの導入をサポートすることが可能です。

Value Package(10㎡)

※消費税・運搬設置費別

1,980,000

10㎡程度の限られたスペースで、効率よくフィットネスエリアを確保したい場合、”Formaライン”のカーディオ2種とスタイリッシュな高性能  ”Plurimaツイン”の組み合わせがおすすめです。コンパクトなスペースで、充実したトレーニングが満喫できます。

マシン構成 価格(円)
Plurima Twin 1,820,000
Forma Line  
SPAZIO FORMA 620,000
Bike 400,000
合計 2,840,000
特別価格 2,498,000

Performance Package(20㎡)

※消費税・運搬設置費別

3,180,000

20㎡程度のスペースがあれば、”Formaライン"のカーディオ3種と使い勝手の良いマルチステーション”Plurimaタワー”を設置することができ、ユーザーの多様なトレーニングニーズに対応したフィットネススペースが提供可能です。

マシン構成 価格(円)
Plurima Tower 2,480,000
Forma Line  
Jog 960,000
Synchro 530,000
Recline 480,000
合計 4,450,000
特別価格 3,180,000

Experience Package(35㎡)

※消費税・運搬設置費別

3,780,000

35㎡程度の少しゆとりあるスペースが確保できる場合、”Formaライン"のカーディオ4機種と”Plurimaウォール”3連の組み合わせが可能となり、バリエーション豊かなエクササイズがご提供できる、理想のウェルネス空間を創出できます。

マシン構成 価格(円)
Plurima Wall 2,530,000
Forma Line  
Jog X 2 1,920,000
Synchro 530,000
Recline 480,000
Active Sitting 31,000
Stretching Mat 7,000
合計 5,498,000
特別価格 3,780,000

ページトップへ

  • 価格表
  • 導入フロー
  • ご購入はこちら

お電話でのお問い合わせ

製品のご注文・新規出店等について 0120-576-876 修理・メンテナンス等について 0120-061-282 受付時間:午前10時〜午後6時(土日祝日年末年始を除く)

メールでのお問い合わせ

お見積もりのご依頼・カタログのご請求はこちら

カタログ請求・お見積り・お問い合わせ